fbpx

沖縄でお手頃価格で気軽に飛行機の操縦体験が楽しめるトライエア

各種クレジットカードが使えます

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

098-856-0330

facebook

操縦訓練

これまでの訓練を刷新!理想を現実に!!

操縦訓練

国土交通省の認定を受けたFTD(飛行訓練装置、Flight Training Device)による
SBT(シナリオ・ベースド・トレーニング、Scenario Based Training)を
主体とした訓練を提供します。

  • 格段に進化した性能シミュレーター

    FTDは航空会社が訓練で使用するフルフライトシミュレーターを小型化したものとイメージすると分かりやすいと思います。
    FTD訓練は実機訓練と比較して訓練単価を1/2以下に抑えるだけでなく、空港の運用時間や天候に左右されることがないため、計画的に訓練を進めることが可能です。
    またFTD訓練中の航跡を自動で記録しているので、訓練後のブリーフィングで実際に機体をどのように操縦していたのかをご自身の目で確認することができ、苦手科目を早期に解決することができます。

    格段に進化した性能
  • 最新の環境をご提供

    弊社はFTDの開発、販売、およびメンテナンスまでを自社で総合的に行っているため、常に最新の機材やソフトを提供することができ、訓練生に実機に近い操縦感覚が得られる環境を提供しています。
    また訓練生からの要望をすぐに反映させることで、さらに実機の操縦感覚に近づけるように心がけています。

    格段に進化した性能
  • 教官が親身に対応します

    教官は元エアラインや元航空局試験官が対応いたします。
    また、スタッフの多くが日本やアメリカの操縦士資格所有者です。
    勉強で分からない時だけでなく、免許取得時のちょっとした疑問や不安などの質問にも親身になってお答えしてます。

    格段に進化した性能

コースのご案内

JCAB 固定翼コース
計器飛行証明
単発・双発限定
事業用操縦士
自家用操縦士
計器飛行証明リカレント
特定操縦技能審査
教育証明
海外サポート
FAA計器飛行証明
FAA双発限定
FAA事業用操縦士
FAA自家用操縦士

よくある質問

Q.年齢制限はありますか?
 A.弊社では特に設けてありません。
Q.通いで訓練ができますか?
 A.もちろん、大丈夫です。
  実際に訓練をされている方の半分ぐらいは県外の方になります。
Q.訓練はどこでおこないますか?
 A.シミュレータは沖縄(トライエア)になります。
  実機は大阪(C172,PA38) または沖縄(A36)にお願いしています。
Q.訓練期間はどれくらいですか?
 A.訓練される方が訓練にどれだけ時間を割けるかによります。
  月1で訓練される方よりも週1で訓練される方の方が、上達は早いです。
Q.目が悪くても大丈夫ですか? 持病があるのですが大丈夫ですか?
 A.通常の日常生活が送れていれば、特に問題ありません。
  実際の飛行機で訓練をするときに操縦練習許可書、または航空身体検査が必要になります。
  レーシックなどの目の手術を受けられた方や投薬治療中の方は身体検査不適合となることもあります。
  ご心配な方は、訓練前に下記のHPをお読みいただき、かかりつけの医師、または航空身体検査指定機関へご相談ください。
  航空従事者の医学適性や航空身体検査の証明について
Q.合格率はどれくらいですか?
 A.計器飛行証明を3名が受け、全員が合格しています。
  合格は訓練生の努力で勝ち取ったものです。
  弊社は努力された方が全力を発揮できる環境を整えることしかできません。
Q.就職あっせんはしてますか?
 A.あっせんはしていません。
  今後、下記の就職支援を開催する予定です。
   ・面接対策
   ・SPI対策
   ・通常の訓練では行わない飛行経験付け

お電話でのお問い合わせ

TEL.098-856-0330TEL.098-856-0330

(お問い合わせ受付時間 11:00〜19:00)

訓練に関するお問い合わせはこちら

企業連携