体験操縦と訓練との区別|沖縄でお手頃価格で気軽に飛行機の操縦体験が楽しめるトライエア

各種クレジットカードが使えます facebook

トピックスTopics

News21/1/11
体験操縦と訓練との区別

いつもご利用いただきありがとうございます。
最近、採用試験の練習でトライエアのシミュレータを使いたいと言っていただけることが多くなりました。
本当にありがとうございます。
非常に残念なのですが、訓練生でない方が訓練生と同じようにシミュレータを使わせて欲しいというご依頼もいただくようになりました。
これまで明確な線引きができていなかったため、このような事態になってしまい、誠に申し訳ございませんでした。
本日より、体験操縦と訓練を明確に分けさせていただきます。
体験操縦‥出発地は設定されたコースの中からお選びください。
     飛行中にT/Gなどは可能です。
     時間内の着陸になります。
訓 練 ‥訓練の申し込みが必要です。
     体験操縦会員とは異なります。
     自習など、自由に操縦していただけます。
     入社試験や入学試験対策は訓練になります。
もし会員の方で方針にご納得ただけない場合にはスタッフまでお申し出ください。
会費をご返金をいたします。
健全な運営にご協力をお願いいたします。