fbpx

沖縄でお手頃価格で気軽に飛行機の操縦体験が楽しめるトライエア

各種クレジットカードが使えます

お問い合わせ、ご予約はお気軽に!

098-856-0330

facebook

JCAB 計器飛行証明

国土交通省の認定を受けたFTD(飛行訓練装置)による
SBTをメインとした計器飛行訓練

instrument

トライエアは大阪航空株式会社やフライトクラブと連携し、FTDよるSBTを主体とした計器飛行訓練を開始しました。
訓練は沖縄のトライエアで座学とFTDを行い、実機訓練と試験は大阪航空またはフライトクラブで行います。
沖縄と大阪に同じFTD を設置してあるため、大阪でもFTDを使った予習や復習ができる環境を提供しています。
また、大阪で訓練を受ける場合でもLCCでスムーズな移動が可能となっています

         
  • お仕事をしながらでも訓練が可能

    訓練時に心配なのが収入と訓練費用。
    ご家族がいるときにはそこが一番のネックになると思います。
    トライエアに在籍する多くの訓練生は仕事をしながら、週末や長期休暇を利用して訓練をされています。
    皆さまのご予定に合わせて訓練を進めていくことが可能で、努力次第で訓練時間を削減することが可能です。
    那覇空港へはキャリアとLCC が就航しているので、ニーズに合わせてお選びいただくことで、訓練効率を上げることができます。

    airbus320
  • 実機に近い飛行環境をご提供

    弊社はFTDの開発、販売、およびメンテナンスを自社で総合的に行っているため、常に最新の機材やソフトを提供しています。
    訓練中はネット上のMETARから天候を作り出すこともでき、実際の環境に限りなく近い環境で訓練ができます。
    AIRACに合わせてナビデータも更新されるので、実機と同じNav環境での訓練が可能で、移行もスムーズに行えるようにしています。
    FTD訓練中の航跡は自動で記録され、訓練後にGoogle Earthに航跡を表示させ、ご自身の目で確認することができます。
    また、データとしてお持ち帰りいただき、復習をしていただくことで、早期に苦手科目の克服することができます。

    格段に進化した性能
  • FTDによるSBTをメインとしたシラバス

    計器飛行証明の訓練では双発機で行うため訓練費用が高額となる傾向がありました。
    弊社では国土交通省の認定を受けたFTDによるSBTを中心とした訓練を行うことで、実機訓練の時間をできるかぎり減らし、訓練生にリーズナブルな訓練を提供しています。
    訓練は実機訓練と比較して空港の運用時間や天候に左右されることがないため、計画的に訓練を進めることが可能です。
    また追加訓練が必要となった場合でも、その多くをFTDで行うことで、訓練生が弱点克服するための時間と費用が抑えられます。

    格段に進化した性能

訓練シラバス

    

カリキュラム 時間
地上座学
90時間
FTDシミュレーター訓練(FTD訓練1回につき1:40)
約42時間(訓練回数25回)
プレ・ポストブリーフィング(FTD訓練1回につき1:20)
約34時間(訓練回数25回)
実機訓練(実技試験を含む)
15時間

訓練費

内容 料金(税抜)
入会・登録料
(別途フライトクラブへの入会費・月会費が必要です。)
10,000円
施設使用料
月額 0円
(座学・訓練費に含まれています)
地上座学
7,000円/時
FTDシミュレーター訓練
(1回3時間、ブリーフィングを含む)
42,000円/回
(前納による割引もあります)
実機訓練(双発)
120,000円/時間

単発の実機訓練は訓練委託先によって機種が異なるため、費用はお問い合わせください。

訓練費用を抑えるため、パンフレットはご用意しておりません。
これまでの総飛行時間と飛行経験をお知らせいただければ、訓練費用の見積もりを送付いたします。

見積の作成・ご質問・ご要望があれば下記のお問い合わせフォームよりお知らせください。


お電話でのお問い合わせ

TEL.098-856-0330TEL.098-856-0330

(お問い合わせ受付時間 11:00〜19:00)

訓練に関するお問い合わせはこちら

企業連携