fbpx

沖縄でお手頃価格で気軽に飛行機の操縦体験が楽しめるトライエア

各種クレジットカードが使えます facebook

JCAB 固定翼 自家用操縦士

A36_inst

訓練は座学とフライトシミュレータ(FTD)を中心に行い、実機訓練を極限までスリム化
安全な飛行ができる知識を身に着けるコストパフォーマンスに優れた訓練を実現
訓練期間中はFTDを格安で使用できるため、ご自身が納得できるまで予習や復習を行え、免許取得までの時間を短縮

         
  • お仕事をしながらでも訓練が可能

    訓練時に心配なのが訓練費用と訓練時間の捻出。
    トライエアに在籍する多くの訓練生は仕事をしながら、週末や長期休暇を利用して訓練をされています。
    2019年には国内数か所にFTD訓練施設の開設を予定しており、自動車教習所に通う感覚で飛行訓練ができる環境が整います。
    教官とマンツーマンで訓練をするので、訓練される方のご予定に合わせて訓練を進めていくことが可能です。
    努力次第では最低飛行時間で受験することも夢ではありません。

    airbus320
  • 訓練は難しくない

    自動車免許はMT車で最短34時間の技能教習で取れます。
    自家用操縦士は40時間の飛行経験で取得できます。
    自動車で70時間近く乗って免許を取られる方は少ないですが、飛行機では免許取得まで多くの方が80時間近く乗られています。
    FTDであれば、訓練開始まで1分
    連続して同じ訓練をすることで、劇的に実機での訓練時間を減らすことができます。
    訓練場所が生活圏にあれば、いつでも訓練をすることができます。
    FTD訓練中の飛行経路は自動で記録され、訓練後にGoogle Earthなどで確認することができます。
    また、データとしてお持ち帰りいただき、復習をしていただくことで、早期に苦手科目の克服することができます。

    20181117_112918
  • FTDと実機を組み合わせたシラバス

    弊社では国土交通省の認定を受けたFTDによるSBTを中心とした訓練を行うことで、実機での訓練時間を極限まで減らし、訓練生にリーズナブルな訓練を提供しています。
    FTD訓練前に十分にブリーフィングを行い、訓練内容を理解した上で訓練を行います。
    これにより、知識と技量を身に着けた状態で実機訓練を開始できます。
    また苦手科目をFTDで重点的に復習することで短期間で克服ができ、追加訓練が必要な場合でもそのほとんどをFTDで行うことで、早期に克服できるように補習を行います。
    実機訓練だけの訓練と比較して空港の運用時間や天候に左右されることが少なくなり、計画的に訓練を進めることが可能です。

    格段に進化した性能

訓練シラバス 自家用操縦士

    

カリキュラム 時間
地上座学 40時間
FTDシミュレーター訓練(FTD訓練1回につき1:40) 約35時間(訓練回数21回)
プレ・ポストブリーフィング(FTD訓練1回につき1:20) 約28時間(訓練回数21回)
実機訓練(実技試験を含む) 35時間

訓練費

内容 料金(税抜)
入会・登録料 10,000円
地上座学 7,000円/時間
FTDシミュレーター訓練
(1回3時間、ブリーフィングを含む)
42,000円/回
(前納による割引もあります)
実機訓練(単発) 45,000円/時間~

単発の実機訓練は訓練委託先によって機種が異なるため、費用はお問い合わせください。

訓練費用を抑えるため、パンフレットはご用意しておりません。
これまでの総飛行時間と飛行経験をお知らせいただければ、訓練費用の見積もりを送付いたします。

見積の作成・ご質問・ご要望があれば下記のお問い合わせフォームよりお知らせください。


お電話でのお問い合わせ

TEL.098-856-0330TEL.098-856-0330

(お問い合わせ受付時間 11:00〜19:00)

訓練に関するお問い合わせはこちら

企業連携